TJO × MIX
TJO × RASMUS FABER[LIVE]
TJO × DEAN FUJIOKA 3/29 15:00 Radio Achive Open
TALK WITH RASMUS FABER

02/22 mon
21:00-22:00

with EMPORIO ARMANI

若き表現者として異彩を放つ村上虹郎。
自身に影響を与えた「留学」と「音楽」とは?

今回登場するのは村上虹郎。2014年に公開された映画「2つ目の窓」で鮮烈なデビューを飾ると、その後、映画「神さまの言うとおり」や「忘れないと誓ったぼくがいた」、ドラマ「仰げば尊し」など数々の話題作に出演。19歳という若さにして独自の空気感を纏い、強烈な存在感を発揮する若手俳優として注目を集めている。昨年は「書を捨てよ町へ出よう」で舞台デビューするなど、ますます活躍の場を広げている村上虹郎が、音楽やカナダ留学を通じて感じた自分の内面について語った。

父は役者・村上 淳、母は歌手・UAという、アーティストの血を色濃く受け継いだ彼だが、彼自身、音楽に対しても熱い情熱を持ち合わせており、特に「リズム」や「音色」などの「音」を重視するそう。

「身近な人や家族から『あまり歌詞に注目してないよね』って言われます(笑)。もちろん自分で歌うときは詩を覚えないといけないから考えますよ。でも音楽にはリズムや音色、技術もある。全てが組まれているから、まずは歌詞より音から入りますね」

しかし「全ての歌詞に対してそこまで意味を求めていない」と言いながらも、最近観たALのライブについては「全てが馬鹿らしくなって、全てが素晴らしく思えた」という、なんとも詩的な表現で感想を語るなど、やはり表現者らしい感性が村上虹郎から見受けられる。音楽と言えば、Mummy-Dとの共演が話題となった文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN」のWebムービーで初めてラップに挑戦したという。

「留学を巡って親子の熱い会話をラップで繰り広げるという内容なんですが、Mummy-Dさんがすごくかっこいいし、うまくて。僕はラップ自体初めてでミスばかりでしたが、自分は素人だって完全に開き直って素直に楽しむことができました」

自身もカナダ留学の経験がある村上虹郎。彼が留学先に選んだモントリオールは、日本人が少ない都市だという。そもそもの留学のきっかけとなったのは、彼が日本を嫌いだとどこかで感じていたからなのだそう。

「母親が数年に1回は引っ越しをするんです。それで色んな人との出会いがあるんですが、心のどこかで日本が嫌いだなって感じていて。それでカナダに行かせてもらったんです。でも留学したからといって人生が楽しくなったかといえばそうでもない。これは日本がどうこう、カナダがどうこういうわけじゃなくて、人生がつまらないのは全部俺のせいなんだなということに気づいちゃって。それから日本に戻ってきたらすごく楽しい。もうカナダには戻れないと思って仕事を始めたんです」

自分の思いひとつで人生は変る。こうして日本に戻ってから彼の役者としてのキャリアがスタートしたという。12月には舞台2作目となる「シブヤから遠く離れて」が始まる。これは2004年に蜷川幸雄演出で上演された舞台の再演だ。

「今回の演出は岩松了さんなんですよ。周りから岩松さんの舞台は面白いし緻密、なにより天才だと聞かされていたので、果たしてここで自分が通用するのか試してみたいと思って。こてんぱんにしてほしいという期待もありました。実際こてんぱんにされているんですけどね(笑)。それくらい難しい役ですがやりがいがあります」

困難な役にも正面から向き合い、役者として一歩ずつ着実にステップアップしていく。そんな彼に自身の将来の目標について話を聞いてみた。

「やっぱりもっと映画に出たいですね。正直なところ初めは俳優を目指していたわけじゃなかったんですが、デビュー作を自分で見て「これはダメだ」って思って。その時から映画で頑張っていこうという気持ちが強くなったんです」

彼がこの日着用していたエンポリオ アルマーニ リミックスの新作パーカーについては「ものすごく楽。着心地がとてもいいので、このまま家で着たまま寝られそう」とご満悦の様子。最近は自身のファッションについて、よりフォーマルな服を着たいと思っているのだそう。「今まで人前でラフな格好をすることに抵抗がなかったんで、しっかりした服を着ることのほうが自分の中では緊張感もあるんで、新しい感覚ですね」という。

来年は映画「二度めの夏、二度と会えない君」、「武曲 MUKOKU」、舞台「エレクトラ」の出演が予定されており、さらなる飛躍が期待される若き才能、村上虹郎。映画や舞台はもちろん、新たな表現に果敢に挑み続ける彼から、今後もますます目が離せない。

  • ・パーカー ¥55,000(税別)/ EMPORIO ARMANI

  • (左)本人私物   (右)・パーカー ¥55,000(税別)/ EMPORIO ARMANI

  • ・シャツ ¥80,000(税別) ・パンツ ¥113,000(税別) / 全て EMPORIO ARMANI ・靴 本人私物

  • ・ジャケット ¥195,000(税別) ・Tシャツ ¥41,000(税別) ・パンツ ¥70,000(税別) / 全て EMPORIO ARMANI

  • (左)本人私物 (右)・パーカー ¥55,000(税別) / EMPORIO ARMANI